SAINT LAURENT サンローラン

2014年 フランス映画

優雅さを追求する戦いを繰り広げてきました・・
優雅さと美を追い求めて、苦悩に苛まれ、地獄をさまよいました・・

映像が美しい。

静かで、孤独で、淡々と、時に衝撃的。

音楽で盛り上げてないとこも好き。

暗めなのも好み。

そして主演のギャスパー・ウリエルが華奢で中性的な魅力もあって、とにかく美しい。

このブログをやっていなかったら観なかったであろうこの映画。

出会えてよかった・・

新作のデザインの作成に追われる日々

1971年のコレクションでは酷評を受ける。

常に新しいデザインを、という重圧で酒、ドラッグに溺れてしまう。

時々目を閉じると、服が軽々と宙に浮いている・・フォルムや色彩が舞っているんだ・・
でも、目を開けると重苦しさしか見えない・・。

バックに優しく流れるモーツァルトのピアノがいい・・

夢を持って日々頑張るんだけど、名声を得れば得るで大きな重圧との戦い・・一個人としてだけでは判断できない状況・・・苦しすぎる。

なんなんでしょうね・・

いちばん厄介なのはそこに群がる人たちとの関係・・んー、バランスが難しい・・

この映画を見てふと、わかったこと・・

自分の苦手とするモチーフの絵が、なぜ苦手と感じるのかが言葉として出てきた。

美しさというもの・・概念にとらわれ過ぎてた・・

自分が思う美しさを、素直に表現したらいいだけのこと。

そんな事に今まで気がつかなかった・・。

でもなぜこの映画を観てそう思ったんだろう・・

なぜ??を追求してみたい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です