CHANELシャネル

昔の悲しい思い出

シャネルといえば、ちょっと悲しい思い出があります。

忘れもしない新宿の京王ミロードでセール品のローヒールパンプスを購入。

いつもなら私の五平餅のような丸い足に合うヒールはほとんどなく、買ってもすぐに足が痛くなり、すぐにさようならパターン。

それが今回は珍しく相性が良く、足が全く痛くならない。

ようやく出会えたと感じ、今履いている靴がダメになったら同じものを取り寄せようとまで考えていた。

このローヒールでフルマラソン走れるんじゃないかと思うほど相性バッチリ。

ある日、友人の家に遊びに行った時、玄関で私の脱いだ靴を見て、

「わっ、すごい!えっちゃんの靴シャネルなの?・・・えっ??あれ??・・チャンネル(CHANNEL)って書いてある!!」

「・・・・・」

そう言って友人はお腹を押さえながら笑い転げ、涙まで流しながらしばらくの間笑ってました。

以来、その友人に会うたびに私の靴の話をみんなに披露して、また涙を流しながら笑うのです・・。

今はなかなか会う事はなくなったけど、年賀状にまで書いてきます。

(シャネルのロゴを見ると、いつもえっちゃんを思い出します・・www)だって。

なぜロゴを気にしなかったんだろう・・

ブランドに全く興味がないと、そういうとこも気がつかないから結果大恥をかく。

もう履かなくなってしまった・・

足に合っていただけに非常に残念。

あれから二度と恥はかきたくないと思い、私の持ち物で他にニセモノがないかどうかチェックしてみた。

あった・・・

これも使い勝手が良くて気に入っていたものなのに、よく見たらレノマのロゴに似せてレモン(LEMON)って書いてあった。

もうお願いだからこういうの作るのやめてほしい。

他人の褌で相撲を取ろうという、姑息な事を考えなければきっと長い付き合いになったであろうチャンネルとレモン。

人の言う事なんか気にしないで使い続ける、という強い意志はその時はなかった。

正々堂々とオリジナルブランドに生まれ変わって、再び出会いたいと切に願う。

チャンネルでなければ・・・

レモンでなければ・・・

ただただ残念。

さようならチャンネルとレモン・・