military wear shop「Gate-1 」

下北沢にある軍服古着ショップ

スウェーデン軍、空軍レディースウールコート。

濃紺で袖に空軍の刺繍、Aラインシルエットのアウターを着こなすオシャレ女子。

主にヨーロッパから仕入れるミリタリーウェアの古着ショップ、下北沢にある「Gate-1」が気になります・・

まるで新型の博物館

軍服といえば、世界中アーミー柄か、カーキ色の上下しかないと思い込んでいました。

フランス軍モーターサイクルリネンコート。(ベージュ)

空軍でしょうか・・イタリア軍スペシャルエアフォース部隊のトレーニングウエア・・・(ブルー)

ネーミングから昔のトムクルーズの映画「トップガン」を連想してちょっとドキドキする・・・

軍の病院仕様のドクターコート、ナースコート、オペスモッグ・・・なんてものもあって、ちょっとどんなものかかなり気になる・・

オペ用って・・・どうファッションとして着こなすのか見てみたい。

軍仕様の小物もたくさんあって、私には、触って、着れて、買える新型の博物館に思えてしまう・・

モーターサイクル部隊

そもそもフランス軍のモーターサイクルリネンコートって、それはモーターサイクル部隊があるってこと?

調べてみたら日本の自衛隊にも偵察用バイク部隊っていうのがあるらしいです。

敵と遭遇する可能性が高い危険な任務で使用されるため、オートバイの乗員は立ち乗りでの小銃射撃やオートバイを寝かせて盾にする技術を習得する。

出典 偵察用オートバイwikipedia

映画で、バイクに乗っての戦闘シーンって私はみたことがないので、驚きました。

そして調べてみると、世界中にバイク部隊があるのです・・

服からいろんな背景の知識が得られて面白い。

カラーが豊富

陸、海・・部隊によってそれぞれの軍服とカラーが多様にあるのも驚き。

ヨーロッパの軍服は紺やグリーン、ブルー、ストライプ・・雪の多いスウェーデン軍は白もあったり・・。

その国の風土によっていろんなカラーがあって面白い。

兵器の発展で変化する軍服

フランス軍のwikipediaを見てみると、軍服の更新は兵器の発展、戦地の環境に合わせてそれぞれが常に更新されている。

とことん機能性を重視。美の追求といった文言はどこにもない・・・(そりゃそうだ・・)だけど形が美しい・・

機能性を重視したデザインにすると、おのずと洗練されたものに仕上がるということなのかな・・この辺りをまた掘り下げて調べてみたい・・。

兵器の発展で変化する軍服・・

自国を防衛するための軍服・・

そんな強烈な背景をビンビン感じる軍服に、コアなファンは追い求め、そしてその軍服をいったん羽織ると、あら不思議・・その人のカラーにあっという間に変化してしまう・・

ちょっとしたマジックを見ているようでとっても面白いのです・・

「Gate1」 Instagram

https://www.instagram.com/gate1xiabeizenankou/

左、ドイツ軍レディースワークコート、中央、フランス軍のマリーン部隊コート、右、チェコスロバキア軍ヒッコリーストライプワークコート