女王陛下のお気に入り

モノクロ衣装が美しい。

18世紀の宮廷、実話をもとにした作品。

すごくきらびやかな映像かと思いきや、ドレスが全てモノクロ。

男性政治家の2政党だけに赤と青の色が使われていて、そのシンプルな色使いが逆に宮廷木造のクラシック感、宮廷の庭のグリーンが際立ち、全体の色にメリハリを感じてとても美しい。

ドレスもモノクロながら豪華さを感じて素晴らしい。

色使いがとても勉強になる。

ちなみに衣装は「恋に落ちたシェイクスピア」、「ヴィクトリア女王」、「メリー・ポピンズリターンズ」などを担当したサンディ・パウエル。

時代物が得意みたい・・。アカデミー賞も多数受賞している。

なんと、コメディ映画

久しぶりにエグいものを観た。

誰一人いい人間が出てこない。

人間の愚かな部分を露骨に出していて、もう笑いが出てしまうくらい。

映画館ではみんな静かに観ていたけど、私はハンカチを口に抑えて声を殺して笑ってました・・。

コメディー映画という事は後で知った・・やっぱり・・

西洋版「大奥」?

女王の心をどうやって掴んで、そしていかにのし上がっていくか・・

それを試みる召使いのアビゲイル(「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン)の野心が面白い。

映画に登場する男性も、可愛そうなほど愚かな描き方・・。

もう登場する男全てが情けなくて・・そっち!?の事しか頭にないのかと、情けなさMAXで笑ってしまう・・。

女王に許可なく近付いたらムチを食らう。

リスクを冒してでも、気に入られ、上に立つために、自分の薬草知識を生かし、女王が寝ている間に勝手に足に薬草を塗る。(女王は痛風で足が腫れて苦しんでいる)

案の定、側近の女官庁サラ(レイチェル・ワイズ)からの命令で、罰としてムチを食らわされるが、途中で女王が足が楽になったと言い、一転、アビゲイルは召使いから侍女に昇格。

そしてアビゲイルは、女王の前でわざと咳をして、

「薬草を摘みに行って風邪を引いてしまいました・・」と、成果をさりげなくアピールした抜け目のなさには笑ってしまう・・

その時のサラの顔つきがまた面白い。

前職場を思い出す・・

アビゲイルのような人って集団の中で嫌われがちだけど、私は嫌いじゃない。すごいなぁ・・て感心してしまう。常にアンテナ張っている。

この映画の後半に起こる事は別として、術をまねしたいくらいに思った。

そう、後半はだんだん笑えなくなる・・

最後の終わり方は、ん・・結局そうなっていくよね・・・という感じでしょうか・・・面白かった。

ネットの評判では、終わり方にいろんな意見があるみたいだけど。

さっきも書いたけど、私はアビゲイルのような野心の強い人間は嫌いじゃないし、この醜い感情は自分の中にもある。

私にとってアビゲイルの姿は、あるあるのような気がしてなりませんでした・・・

   傲慢ハーリー。(ニコラス・ボルト)華美に着飾るのが大好き。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です