超能力 南伸坊

人間はすごい能力を持っています

以前このブログで、内田春菊さんの事を書くために、絵のスクールに行ってた頃のノートをひっぱり出して以来ちょいちょい見ている。

中でも南伸坊さんが講師として来られた時のページを見て、とても衝撃的だったのを思い出す。

前列に座っていた生徒一人を前に呼んで、みんなの方を向いてパイプ椅子に座らせた。

それから適当に4人くらい前に呼んで、座ってる生徒を囲む。

両手人差し指を重ねて、椅子の下へ重ねた指を入れなさいと説明。

先生が合図を出すので、その椅子を持ち上げてみなさい、と。

そして合図が出た。

椅子はぜんぜん持ち上がらない・・。

心の中で、持ち上がるわけないじゃない・・・と

すると先生、何か呪文のようなことをつぶやいた後、みんなに「集中して、集中して・・」と少し気を集中させる時間を持った。

空気が少し変わってきた・・

そして再び先生の合図・・

なんと!座ってる女の子の椅子が持ち上がった!

見ていた生徒は悲鳴混じりの驚きの声!(私も)

そしてすぐに降ろされたけど、私の心臓のバクバクがまだ止まらなかった・・

その後、先生がネタばらし。

呪文は今適当に言いました・・と。

そして、何も特別な能力を持っているわけではないと・・。

「え!?」

ただみんなを暗示にかけただけ、と説明・・

さらに先生が、

暗示にかかったから持ち上がったわけではなく、最初から「持ち上がらない」という暗示にかかっているからできない、と・・・

ハリーポッターでも

試合前に不安でカチカチになっているハリーの親友、ロン。

ハリーから「なんでもうまくいく薬」を飲まされたと思い込んで(実際は飲んでない)ロンが試合で大活躍するシーンがあった・・。

出来ないと思ったら出来ない

先生は、

なんでも同じ。出来ないと思ったら出来ません・・

「人間にはもともとすごい能力を持っています」と・・。

その講義の帰り道は、友達とその話でもちきりでした。

そんな講義を受けたにも関わらず、また出来ない暗示?がやってきて、スクールの卒展にも作品を出さなかった。

今でもいろんな場面でよく思う・・

「出来るわけないじゃない・・」という暗示。

ダメダメダメ・・

そういえば私、天才だったんだ!

ノートの端に先生たちの似顔絵(相変わらずです・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です