雨に唄えば Singin in the rain

「good morning」

ミュージカルの王道

1952年のアメリカ映画。

DVD、YOUTUBEでも何回も見ている作品です。

ストーリーもすごくわかりやすいし、当時の映画の形態(サイレント=声を後で収録と、トーキー=セリフをそのまま収録)がわかって面白い。

ジーン・ケリーが雨の中でタップダンスを踊るシーンはやはり何度見ても楽しい。

あんなに土砂降りな雨でも、気分が良くてつい傘を放り投げて踊ってしまうシーンがとてもチャーミング。

雨をかぶって楽しんでる。

雨までも踊っているように見える。

「Make em laugh」

そしてもう一つすごいのが、コズモ役のドナルド・オコナーのナンバー「Make em laugh」。

小道具を使ってパントマイムから、壁を使った宙返りまでして、もうダンスというよりアクション?

アクロバティックのようなダンスシーンが素晴らしいです。

ジャッキー・チェンの派手なアクションをちょっと思い出しました・・

このクオリティの高いダンスシーンの数々を今から60年以上も前にやっていたかと思うと、アメリカってすごいなぁ・・と改めて思います。

wikipediaに衣装について

「ズタ袋のような衣装はいただけないが、音楽は素晴らしい」とイギリスの新聞社の批評が載っていた。

んー、

どの部分の衣装の事を言ってるんだろう・・。

ちなみに衣装デザイナーは「風と共に去りぬ」「巴里のアメリカ人」・・を担当したウォルター・ブランケット(モードの世紀より)

キネマ旬報社「魅惑という名の衣装」川本恵子著書(ハリウッドコスチュームデザイナー史)

読んでないけど(早く読みたい!)一部記事に、衣装デザイナーはあまりに大変でアルコール依存症になる人が多い、と。

考え抜いてあみ出したデザインに対して、なんのリスペクトもなく、ほんとに私たちは好き勝手な評価をします・・

これから雨が多くなる時期・・

この映画を思い出して、雨をたっぷり楽しみたいと思いました・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です