ROCKETMAN

主演タロン・エガートン

タロン・エガートンが良かった。

顔似てたなぁ・・おでこのあたりとか。

聞いたことのあるあの曲はエルトン・ジョンだったのか・・・

エルトン・ジョンは知ってるけど曲までは詳しくない・・

そんな私でも、この映画は楽しめました。

隣の人、泣いてた・・。

舞台に出る時、ちょっとガニ股で小走りになるとことか、エルトン・ジョンの仕草を知らないのに似てる!って思ったのはなぜなんだろう・・不思議。

立ち居振る舞い、全ての細かい仕草を研究してるんだなーって思って・・

タロン君すごい!歌も上手い!

ミュージカルになってるところも面白い。

この映画を観て思ったのは、

世界的にスターになる人ってバックグラウンドに共通するものを感じました。

エンドロールも面白い

「I’m Still Standing」の白いスーツとステッキ姿のタロン君は「キングスマン」の時のかっこいいスーツ姿を思い出し、ちょっとドキっとしました。

そして最後のエンドロールの写真、あの見せ方も面白かった。

子役とエルトン・ジョンの幼少時が激似!

この映画の製作総指揮はエルトン・ジョン本人

(パンフより抜粋)

ー 描こうとした重要なこと ー

・・名声と引き換えになった途方もない代償、子供時代が自分に与える大きな影響・・

ー どのように苦しみから抜け出したか ー

大切なのは正直であることだと気付いてからは、苦しまなくなった・・

パンフレットにこの映画製作への思いが語られています・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です