ジョーカー

言葉で表現できない映画

これはすごい映画を観た。

 面白い??・・・・面白いという言葉だけでは表現がちがう。

観終わった後「いやー、面白かったねー」とは言えない重さがある。

感動した・・・これもちょっと薄い表現で違う。

怖かった・・・違う。

考えさせられる・・・そうなんだけど言葉がフツーすぎて全く浅い。違う。

パンフレットにいろんな著名人が文章を載せているけど、ダラダラ長いだけで誰も的を得たコメントしてる人はいなかった。

たぶん書けないんだと思う・・・そんな映画だもん。

・・・どの口が言うか!文章ヘタクソの私がものすごい事言ってます・・

アメコミ翻訳家 秋友克也という人の表現が、私的にはまぁ、うんうんと頷きながら読みました。(一部抜粋)

・・・映画「ジョーカー」を形容するのに「大傑作」という言葉では到底足りない。これは壮絶で痛切で滑稽で危険な、「感情の爆弾」だ。・・・・

秋友克也(アメコミ翻訳家)

とにかく俳優がすごい!

主演のホアキン・フェニックス・・

鬼気迫るものがあって、もう絶対何かが乗り移ってる!

上半身は背骨、鎖骨、あばら骨が浮き出た体。役に近づけるため、体重を24キロ落としたそう。

音楽もいい。役者の感情をなんとも言えない不穏な音で表していて、そして尚且つ美しい。

あるインタビュー記事に、役柄に行き詰まった時この音楽を聴いてさらに役のイメージが湧いてきたらしい。

この音楽が役のターニングポイントになったと。

ロバート・デニーロもやっぱりいい。厚みがある。

絵を描くものとして

こういうすごい映画作品に出会うと、先日の映画展でもそうだけど、例えば本の絵を描く(装画)とか・・・

その作品の顔となるわけで、まずはしっかり作品(作家)の思いを受け取らないと、って改めて思った。

そして自分の持ち味で表現をする・・・

当たり前のことだと思うんだけど、その当たり前のことに改めて責任を感じると言うか・・まぁでもそこが面白いとこで・・

なぜかこの映画を観てそんなことを思った・・

すごいばっかり

やっぱりこの映画を表現する上手い言葉がみつからない。

自分の語彙力の無さに凹みます・・・

いやー、でもほんとすごい映画だった・・・また言っちゃった・・・

面白い・・じゃないんだよね・・

今のところ、すごいという言葉しか見つかりません!

この映画見た人いたら、朝まで飲みながら語り合いたいなー

んーー語りたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です