チャーリーズ・エンジェル

チャリーズエンジェルの絵は描けなかったー

カッコいい!

面白い!そしてカッコいい!痛快!

最近DVDでフィリピン映画やドイツ映画の重い映画ばかり観た後だったから、こういった頭空っぽになって観れる映画がとても楽しかった。

アメリカの昔からあるドラマで日本でも放送してたのは知ってたけど、映画をちゃんと観たのは初めて。

主役の女優3人がとにかくきれいでカッコいい!

クリステン・スチュワート

ナオミ・スコット(アラジンの)

エラ・バリンスカ

見た目の美しさ、オシャレ、そして強い!

女の武器、美しさとセクシーさで男を油断させて一気に攻め込む。

そこが痛快。笑

ざっくり紹介

クリステン・スチュアート(上の画像左)は1990年生まれ。身長164センチ、ショートヘアがカッコよくて劇中ファッションもカジュアル。豹柄でまとめた上下で登場するシーンがあるんだけどこのスタイルが似合う人ってなかなかいないだろうなぁと思う。

ちなみに今回の映画ですっかりクリステンのファンになり、私のイチ推しエンジェルです。

ナオミ・スコット(画像右)、1993年生まれ。身長167センチ、アラジンの主演で有名。映画ではとにかくキュート。ファッションもかわいい。戦う姿もかわいい。

エラ・バリンスカは(画像中央)1996年生まれ。身長180センチ、初のハリウッド映画らしい。手足はキリンのように長くて・・ん、やっぱりモデル出身。劇中は体にフィットしたスーツがすごく似合っていてとにかくかっこいい。

パンフレットにファッションジャーナリストの日本人が、エラ・バリンスカはスーツが似合う・・あのように着こなせば誰でもカッコいいって書いてあって・・誰でもカッコいい?? 誰でも??あのように?? ムリムリムリ!と激しいツッコミを入れました・・

この私がそれを着たら・・・向こうからあざらしが縦になって歩いてくるようなもので。絶対ムリです!

ギャップがたまらない

冒頭のシーン、クリステン・スチュアートがちょっとエロい誘惑からの隙を見て男を・・・

このシーンがとにかくカッコ良くて。

ギャップがたまらないのです。

女性なのにクリステンに惚れそうになりました。

いや、惚れた。

宝塚ファンの気持ちが少し分かったような気がしました。

ラストも、そういうことだったのか・・っていう何ともいえない痛快さ。

私も入りたい・・

私も、もっと若かったらチャーリーズエンジェルみたいにもっとスリムになってかっこいい女性になりたかった・・

人生、色気より食い気だった私にとって、オシャレにカッコよく、そしてクリステンみたいにいちどでいいから色気で男を惑わせてみたかった・・・

今からやってみる??  何を?笑

一方的にしゃべくりまくる話術で相手を疲弊させ、隙を見て皮下脂肪の厚さで挟み込み衰弱させとどめを刺す。

いらないと言ってるのに無理やり手にアメちゃん握らす押しの強さ・・そして、

SNSにも負けない風評を広げるテクニック・・そして、

人の話を平気でさえぎり、自分の話に無理やり巻き込む強引な話術・・そして、

強力な眼力で値引きを誘導させる魔力・・そして、

まだまだ技はたくさんある・・・

最強ですね!

話がだいぶそれましたが、

悶々とする日々を送ってる方、気分をスッキリしたい方にはぜひオススメの映画です!

(音楽もいい!サントラ買って部屋でノリノリ!)

チャーリーズエンジェルの絵は難しかったー。で、さっさと諦めて今週は映画とは全く関係ない男性の絵を描きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です