赤と黒

フランスのTVドラマ

有名なフランス作家、スタンダールの。

主演キム・ロッシ・スチュアート、そしてキャロル・ブーケ・・・

DVDは2枚セットになっていた。

退屈そうだなぁと思っていたけど、これが思った以上に面白いかった。

のめり込んで観てしまった。

小説で挫折してもう何年経っただろうか。

おかげでやっと物語が把握出来ました。笑

マンガやDVD、児童書から入って全体をつかんでから原作読んだ方がいいってオリラジの中田あっちゃんがYOUTUBEで言ってて本当その通り・・ってまだ原作読んでないけど。

流れを知ってた方が確かに入りやすいと思う。

こんな私でも名作と言われているものの一つや二つくらい知ってた方がいいかなぁと思っているわけで。笑

私、お笑いばっかりじゃないわよ、みたいな。

ちなみに、名作というものをいくつかクリアしたいと思っていたもうひとつは、チェーホフの「かもめ」。

小説は秒で睡魔が襲う。

昔、高畑淳子主演で演劇も観たけど、これも難しくて睡魔との戦いに負けました。

ということでもう「かもめ」は諦めました・・

どなたか知ってる方いたら5行以内であらすじ教えてください。

簡単なあらすじ

主人公の聖職者が出世のために上流階級の女性と不倫関係を持ってしまう。

女性との関係はただの出世のツールだけのはずがだんだん本気になってしまって・・という最後は悲劇。

もう一人登場する上流階級の若い娘を主人公の男が征服したいがためにいろんな手を使ってその気にさせ、妊娠までさせて挙げ句の果てには元カノがやっぱり好きでしたとか・・

その若い娘が身重な体で最後まで主人公に尽くす姿が切なくなりました。

恋愛パワー

物語に登場する若い娘を見ていると、恋愛中は魔法にかかっているようなもので誰の助言も耳に入らない。

人を好きになった時のパワーって本当に強いので。

その人のためにダイエットだってできる、料理も勉強する、ショートヘアが好きだと知ったら自慢のロングヘアもばっさり切れる・・・

見る景色が全てがピンク色なのです。

おかげでこの文章書きながら昔の自分のピンク色時代を思い出しました・・笑

今はもうそんなことはないけど、せいぜい動画でキンプリの海人くん、ディーンフジオカを見てキュンキュンするくらいでしょうか・・笑

だからうちの子どもには、好きな人ができたとしても変な男に惑わされないように常日頃言ってることがあります。

お金のことにルーズな人は信用するなと。

今のうちに言っておかないと恋愛中は周りの助言など聞かなくなるから・・・

恋愛パワーは恐ろしいので。

なんか話が変わってきちゃった。

いつも話が途中で変わる・・

締めの言葉も思いつかない・・

ぴえん(言ってみたかったJK語)

ではまた!

最近手作りマスクの方をちらほら見かける。

かわいい布で作ってあって。布だったら手洗いできるからいいかもです。

やってみよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です