父のおともで文楽へ

キューブリック展無事終了。ありがとうございました

「博士の異常な愛情・・」を描いたのですが来場された方からシャイニングのオープニングですねって言われた。笑。確かに・・雪山だったかな。

13日(日)スタンリー・キューブリック展無事終了しました。

(画像は展示した4点のうちの2点です)

今回もとても学びの多い展示となりました。

そしてたくさんの刺激をもらいました。

この御時世にもかかわらず大勢の方にご来場いただき、来られなかった方も含めてありがとうございました。

父のおともで文楽へ

文楽を見たことがない。

敷居が高い気がして・・

↑ この「敷居が高い」という言葉の使い方は間違っているらしい。

この小説の中で主人公の父が間違いを指摘する箇所があり、そこを読んで私も本当の意味を知ったのです。(ちょっと恥ずかしい)

正式には

『相手に面目がなく家に行きにくいこと』

のようです。

気軽には行きにくい、という意味で使う言葉ではないようです。

勉強になりました。

元夫にムカムカ

話の中で別れた夫に対しての主人公、佐和子の感情にすごく同情する。

元夫が弁護士ということもあり離婚時のやりとりが圧倒的に不利となるようにされた佐和子の気持ちがやりきれない。

子どもを立派に育て上げたいと思う気持ち。しかし経済的に元夫に頼らざるえない悔しさ。

元夫の振る舞いには腹が立つ。

弁が立ち、相手を貶め自己正統性を強調。

情のかけらもない。

なんか色々思い出すわ〜

そして、そんな主人公、佐和子を思う父の優しさが泣けるのです。

文楽を観てみたい

この小説を読んで、いちど文楽を見てみたいと思った。

文楽の話ってけっこうなドロドロ話。

心中もの、不倫、裏切り、子どもに毒味させる親・・・

昔からあったことなんだろう・・

怖い世の中は変わらない。

父から誘われた文楽鑑賞をきっかけに、主人公、佐和子の心がだんだん和んでいくのです。

いいじゃないか。自分を自分で褒めてやらないでいったい誰が褒めてくれる。努力なんてめったに報われないんだ。報われたら御の字とでも思っておきなさい

父のこの言葉がとても残りました。

そ、報われたら御の字・・そう考えると気持ちが楽チン。

(本のカバーイラストを担当したので宣伝しました)

デザインは、瀬戸内デザイン 小川恵子さんです。

バリー・リンドン

今回の展示でバリー・リンドンを描いている、すが ゆりさんの作品です。
ライアン・オニール似てる!

9/8日(火)〜13日(日)までキューブリック監督作品展

(キューブリック作品紹介)

1975年公開。

この作品を見終わった後、思い出したのが「白い巨塔」。

え??って思われる人もいるかもですが・・

貪欲な出世欲。八方美人。チャンスを逃さない嗅覚。

しかし最後は虚しくも…

そう、全ては自分が撒いた種。

やっぱり人の怨みを買うようなやり方はいつか自分に返ってくる。

そんなことを思った。

前半と後半があり、なぜ出世に貪欲になったのかが前半がカギ。

出会った女が悪かった。

貪欲なバリー役を演じたのがライアン・オニール

「ある愛の詩」のオリバー役も。

淡々と一人称で語るナレーションもよかった。

とても面白い作品で、3時間の長尺だけど最初から飽きることなく観れた作品でした。

しかしあの時代の人たちは喧嘩となるとすぐに決闘を申し込む。

決闘は第三者立ち合いのもと行われることが多かったらしい。互いに数十歩背を向けて歩いてから振り向き合図で撃ち合う。動作の早いものが勝者となるとwikiに。

話の中では、背を向けて歩くというルールが無かったから、最初に撃つ人が当然有利なわけで。その辺りがよくわからなかった。

しかしあの時代の人々はもっと中間の解決策はなかったのか。生きるか死ぬか。命がいくつあっても足りない。

そういえば侍映画でも決闘シーンがよくある。

命よりもプライド優先。

映画評論家 町山智浩氏によると

スタンリー・キューブリック監督『バリー・リンドン』(75年)。18世紀、英国の植民地だったアイルランドで貧しい青年バリーが英国貴族にのし上がっていく3時間の大作。かの蓮實重彦先生はこの映画を「『嗚呼、花の応援団』と比較すべき荒唐無稽なコメディ。観ている間、正確に37回笑った」と評した。その意味は、避けずに弾丸を受けて行く横列行進、映画の最後の字幕、幻の企画『ナポレオン』に隠されている!

「映画その他ムダ話」より

言われてみれば確かに。

しかし私は笑ったシーンなど全くなかった。

避けずに弾丸を受けまくる横列行進は、え!なぜ??なぜ攻撃しないのか・・謎で頭がいっぱいになった。

そりゃ撃たれるでしょ!ほんとに謎だった。でも笑いはしなかった。

横列行進はナポレオンの歴史に関係あると推測。

ちょっと調べたら・・

横隊は、歩兵を横に数列に並べる戦闘隊形であり、広い正面への攻撃力を最大化できる性質を有する。歴史を通して最も標準的に用いられてきた隊形でもある。

横隊wikiより

↑ だとしてもね。映画のシーンは鼓笛隊もいた。実際ナポレオンは士気を高めるために鼓笛隊も列に入れていたのか??それ以上はよくわからない。

しかしこの作品のどこに笑いがあったのか・・町山氏の先生と言われた方に聞いてみたい。きっと話盛ったな。笑

映像がきれい

キューブリック作品はまだ4作品ほどしか観てないけど、どれも映像がきれいだという印象がある。

この作品、wikipediaにアカデミー賞の撮影賞、歌曲賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞したと書かれていた。

うん納得。衣装の素晴らしさ、重厚な音楽、ほんとに素晴らしかった。

アカデミー賞を受賞するなど評価は高かったものの興行的には苦戦し、制作費回収には年月を要した。著名な原作とスターを起用した娯楽作品による興行的な成功を目指したキューブリックが次の作品として選んだのが、スティーヴン・キングの「シャイニング」である。

いい作品がいい興行につながるとは限らないらしい。

そしてwikiのとおりなら次は興行を意識した?ジャック・ニコルソンの「シャイニング」。

これは制作費の数倍の収益で大きな成功と記されてあった。同時にキューブリックの知名度も高めたと。

興行的に成功を目指してちゃんとその通りになるキューブリックの商売センスもなかなかなものだなぁと感じました。

物語のバリーがチラリと思い浮かんだ。

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか 2

こちらの博士役が三役をこなしているピーター・セラーズ

前回の続き。

登場する3役、博士、アメリカ大統領、イギリス大佐を全てピーター・セラーズが演じているという事を後で知った。

全く気付かなかった。

wikiに面白い話が載ってた。

戦闘機の構造はアメリカ国防総省の協力が得られず、他の戦闘機の写真を参考にコックピットを作って、撮影終了後にアメリカ空軍の幹部を招待したところあまりに正確で驚かれた。

あまりに正確なセットだったから美術チームがFBIの捜査対象になるんじゃないかと心配した。

そうそう、戦闘機のコックピットがとても細かい作りだったので当然本物内部で撮影したのかと思ってた。

スタッフもすごい。

笑えないかも

前回ではブラックで笑ってしまうと書きましたが、今の時代この映画のソ連が北○○に替わっただけでそう遠くない未来のシミュレーションなのかもと感じた。

そう思うとちょっと笑えない。

ヴェラ・リンの「また会いましょう」がなんとも皮肉

被爆国、そして最近の情勢的に笑えなくなってきてる作品ですが、だからこそ皮肉がリアルに効いていて一層面白く感じる作品になっていると思います。

面白く?!なんて不謹慎な!って感じる人もいるかと。笑

もうブラック中のブラックで私はとても面白い映画だと感じました。

↓ 9/8(火)〜13日(日)までの展示です。良かったら見に来てください。

(他の参加の方々の作品が早くみたい!)