すばらしき世界

余った絵の具がもったいないので梅を描きました

朝のルーティーン

今朝もまた怒りました。

新聞を読んだ後はいい気分になったことがありません。

新聞だけではなくヤフーニュースやグーグルも。

政治、世界情勢、社会面の事件の数々・・・

どんより、時に怒りを感じ、不健康な朝のルーティーン。

じゃあ、見なきゃいいじゃないかって話。

しかし今起きている現実の事を知って、自分なりに考えること。それが大事だと思っていて。

だから朝はめらめらと怒ってます。

「すばらしき世界」

監督:西川美和

主演:役所広司

今公開中の映画。

いい映画でした。これはおすすめ。

役所広司がとてもいい。

長い刑務所生活を終えた主人公が、新たな生活に向けて頑張って行こうとする実話をもとにした作品。

一生懸命世の中に適応しようとする姿がとても不器用で真っ直ぐで泣けてくるし、時に笑ってしまうし。そしてあったかい。

西川美和監督の作品をいろいろ見てみたいと思う。

「蛇イチゴ」、「ゆれる」←こちらは役所広司がパンフレットでおすすめしてたので見てみたいと思う。

シネマトゥデイのYOU TUBE、西川監督のインタビューで役所広司を選んだ理由について、「役所広司さんを選ぶってずるいですよね・・でもこの作品、絶対に勝ちたいと思ったから」と。

そう、役所広司を選ぶのはずるいです。

いいに決まってるから。

でも役者の良さだけではない監督のあたたかい眼差しもなんかホッとします。

ちなみに三◯幸◯はもっとずるいです。

豪華俳優をふんだんに使う。

しかし、豪華俳優陣を並べるだけ並べてもいい作品になるとは限らないということを証明しました。(嫌いじゃないけどね)

朝は相変わらず新聞を見て怒ってますが、この作品を観た後、特に社会面を読んだ後はいつもと違った、ちょっとなんとも複雑な感情になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)