THE GUILTY

ヤコブ・セーダーグレン

2019年作品、 デンマーク映画

「ギルティ」

監督 グスタフ・モーラー

ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン、オルセン

(久々の投稿ですが、コンスタントに見てくれる方がいて本当に感謝です。)

9月から、このデンマーク作品のリメイク、ハリウッド版が劇場で上映されているらしい。

ちなみに監督はアントワーン・フークア、キャストはジェイク・ギレンホーク、イーサン・ホーク・・(この監督作品は見たことない)

デンマーク作品はアマプラ視聴だったが面白かった。

ほとんど動きがないのにハラハラドキドキさせる。

この作品の面白さは声だけで想像させるとこ。

頭の中に見てる人それぞれの映像として膨らむ。

いかに人が思い込みというものが強いか。思い込みによってとんでもない判断をしてしまうかという物語。

まちがった先入観によって誤った誘導をしてしまう怖さ。

しかし長年の経験という中での判断も大事。そのバランスが難しいと考えさせられた。

地味だけど面白かった。

そしてラスト、主人公はどこへ電話を??

そこ、気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)