他人の会話

氷描くの難しい・・

一人カフェ。

隣のテーブルにいた30代くらいの男性サラリーマン風2人の会話を聞いていた。

A:昨日青学の近くでムロツヨシ見た。

B:へー

A: けっこう細かった・・・4人くらいで大きい声でしゃべってたから目立ってた。

B:太めに見えるけど細いんだ・・意外・・

A:ムツゴロウもよく見かけるんだよね・・・

B:へー

ムツゴロウ!!!

ってあのムツゴロウさん・・か??

ムロツヨシからのムツゴロウって広いなぁ・・

まさか魚の方じゃないよね・・・

これが本当のムツゴロウ・・干潟に出没

Bよ!「へー」って・・・

誰?とか、北海道の動物王国にいるんじゃないの?とか、どこで見た?とか・・聞いてやって。

Aが聞いてほしそうにしてるのに・・・(何なら私が加わろうか)

ムツゴロウさんといえば、忘れられないのはアフリカのサバンナでライオンに抱きついて、逆に首を噛みつかれて飼育員数人に助けられた映像。

「いやー、殺されるとこでしたね」と笑顔で言っていた。

(↑↑↑手軽にある筆ペンと色鉛筆で描いたら街中にある似顔絵ショップ風になっちゃった・・)

子供心にすごいハラハラした記憶がある。

私が話に入りたかったなー

そして、

A: あー、久々しっかりメシ食ったー!

フツーーのサンドイッチ1個食べて、あれでしっかりメシ食ったーって普段どんな食生活・・大丈夫か?

お母さんはちょっと心配になりました・・・

そして隣では、

ナイツ塙のお笑い本を読んで必死に笑いをこらえて、涙を拭こうとアルコールの染みた紙おしぼりで目を拭いたら目がしみて涙ボロボロ流してて目が真っ赤っ赤・・ついでにアイライン、マスカラがごっそりソゲ落ち、それを見て「わっ!」と驚いてアイスコーヒー倒してるおばさんがいた・・・

はい、それは私です・・。

ジョーカー

言葉で表現できない映画

これはすごい映画を観た。

 面白い??・・・・面白いという言葉だけでは表現がちがう。

観終わった後「いやー、面白かったねー」とは言えない重さがある。

感動した・・・これもちょっと薄い表現で違う。

怖かった・・・違う。

考えさせられる・・・そうなんだけど言葉がフツーすぎて全く浅い。違う。

パンフレットにいろんな著名人が文章を載せているけど、ダラダラ長いだけで誰も的を得たコメントしてる人はいなかった。

たぶん書けないんだと思う・・・そんな映画だもん。

・・・どの口が言うか!文章ヘタクソの私がものすごい事言ってます・・

アメコミ翻訳家 秋友克也という人の表現が、私的にはまぁ、うんうんと頷きながら読みました。(一部抜粋)

・・・映画「ジョーカー」を形容するのに「大傑作」という言葉では到底足りない。これは壮絶で痛切で滑稽で危険な、「感情の爆弾」だ。・・・・

秋友克也(アメコミ翻訳家)

とにかく俳優がすごい!

主演のホアキン・フェニックス・・

鬼気迫るものがあって、もう絶対何かが乗り移ってる!

上半身は背骨、鎖骨、あばら骨が浮き出た体。役に近づけるため、体重を24キロ落としたそう。

音楽もいい。役者の感情をなんとも言えない不穏な音で表していて、そして尚且つ美しい。

あるインタビュー記事に、役柄に行き詰まった時この音楽を聴いてさらに役のイメージが湧いてきたらしい。

この音楽が役のターニングポイントになったと。

ロバート・デニーロもやっぱりいい。厚みがある。

絵を描くものとして

こういうすごい映画作品に出会うと、先日の映画展でもそうだけど、例えば本の絵を描く(装画)とか・・・

その作品の顔となるわけで、まずはしっかり作品(作家)の思いを受け取らないと、って改めて思った。

そして自分の持ち味で表現をする・・・

当たり前のことだと思うんだけど、その当たり前のことに改めて責任を感じると言うか・・まぁでもそこが面白いとこで・・

なぜかこの映画を観てそんなことを思った・・

すごいばっかり

やっぱりこの映画を表現する上手い言葉がみつからない。

自分の語彙力の無さに凹みます・・・

いやー、でもほんとすごい映画だった・・・また言っちゃった・・・

面白い・・じゃないんだよね・・

今のところ、すごいという言葉しか見つかりません!

この映画見た人いたら、朝まで飲みながら語り合いたいなー

んーー語りたい!

2019キングオブコント

今年は下ネタでおなじみのどぶろっくが優勝。


農夫「♫僕は貧しい農夫〜病の母を救うため薬を探しに森へやってきた〜」

神「♩・・・お前の望みを一つ叶えてやろう〜♩」

農夫「ならば大きなイ○モツをください〜大きなイ○モツをください〜♩・・」

下ネタか・・・あまり好きじゃない。

下ネタで笑いを取るのずるいでしょ・・と、つい思ってしまうのです。

安易な発想ではないかと・・あと裸芸も。(素人の考えですが)そう思うのです。

松本人志が胃もたれしない天丼って言ってた。

下ネタでもいい塩梅っていうのがあるんだろうな・・なるほど。

ま、でもちょっと笑ったけど。

曲と歌のクオリティが高いのは認める!(上から目線)

家族の会話

子「ねぇ、イ○モツってなに?」

私「さぁ・・・・・・・んん・・・・

・・・・・・・別にはっきり言ってるわけじゃないんだから、それぞれが想像することでいいんじゃない?」

子「お母さんは何を想像した?」

私「・・・・・・・・・・・忘れた」

子「さっきゲラゲラ笑ってたじゃん!」

私「んん・・・・・・・・・やっぱり忘れた。ねぇ、もう宿題やったの?早くやった方がいいよ」(話を変える・・)

しばらく私の顔を訝しそうに眺めてた・・

すぐ自分のスマホで検索するに違いない。もうわかってしまったか・・

しばらくして、この絵を子どもに見せたら「あっ、どぶろっくだ!」と笑って、そして「やっぱりイ○モツの意味がわからないんだよね・・」と。

まだわかってなかった・・・

アキ・カウリスマキ

貧困、難民テーマ

まだ三本しか見てないけど。

何が面白いって、ど真面目に面白いことを言ったりするとこ。

そして俳優がみんな無表情で淡々と喋っていて、セリフも多くない。

だからこそ、言葉が耳に残る。

犬の名前がハンニバル・・笑。

真面目な顔して言うから笑う。

犬もキョトンとしたかわいい顔して・・でも名前がハンニバル。

そして、お笑い好きな私としてはこの監督作品の笑いについても勉強になります。

(どこ目指してるんだろう)

来年はキューブリック監督??

できたら参加したいな。

街のあかり(2)

本日から展示が始まりました。
(アキ・カウリスマキ特集 映画イラストレーション展)

地下鉄銀座線「外苑前駅」出口3番
地上に上がったらBMWの看板を目印に横の道を入って突き当たり右へ。
駅から2〜3分くらいのとこにあります。

ギャリーダズル 港区北青山2-12-20-101 03-3746-4678

この映画の角田光代の解説(パンフより一部分抜粋)

一生懸命さや、誠実さや、まじめさが私たちを救うことはないのだと、観客はいやというほど知らされる・・・

本当にそうで・・

主人公の理不尽な運命に悲しくなりすぎて立ち上がれなくなる・・。

大人はそれを知ってるから、あえて見せられると本当に切なくなるんです。

しかし、最後、ほんとに最後、自然な温かさがチラッときて・・・

この監督、ここが言いたかったんだろうなーって思います。

この映画のキーワードとなるもの

少年、犬、赤いカーネーション、ソーセージ屋の女店主(だと思ってる)

だけど展示ではそのあたりをあまり気にせず描きました。

そういえば前回途中の絵をアップして、間に合うか・・なんて言ってましたが夜な夜ななんとか頑張って間に合いました。

F10サイズの絵の一部分ですがアップします。

この途中の絵が↓↓

こんな感じになりました↓↓

一部分の表示です

街のあかり

展示のお知らせ

9月17日(火)~22日(日)ギャラリーダズルにて、
この監督作品の「映画イラストレーション展」があります。
私の担当映画は「街のあかり」です。

ご都合がよろしければぜひ!

フィンランドの映画監督、アキ・カウリスマキ

この話は、

真面目に生活をしている一人の男性のあまりにも孤独でそして不幸な話。

職業がショッピングセンターの夜勤警備員であまり友人もいない・・性格も真面目で従順そうだとマフィアのボスに見抜かれ宝石の強奪に利用されてしまうのです。

騙されて、利用されて不幸にさせられる。

でも最後にポッと優しい光がさして・・

このラストが自然であったかくていいんです。

これを見て、

しかしこんな男性みたいにはなりたくないな、と・・

でもこの映画は監督の優しさが作品からすごく伝わってきます。

絵はあと1点、これが苦戦中

構図が今頃決まったかな・・

物語との兼ね合いと、それを踏まえて自分の得意分野で落とし込める構図がなかなか難しくて・・

改めてイラストレーションの難しさを感じます。

もう日にちもないし、もういいっかっていう気持ちでとにかく進めるしかないわけで・・もう割り切って進めています・・

間に合うかな・・(汗)

進行中の一部分↓ ↓ ↓ 今のところこんな感じでまだまだ・・

手がおかしい・・顔もコワイ。

東京グランド花月

銀シャリ

またまたお笑いの話で・・・

ブログタイトル「お!シャレ通信」から「お笑い通信」に変えようかなと思う今日この頃です。

夏休み最終日のよみうりホール

なんばグランド花月みたいな東京版が数年前からあります。

ハイヒール/モモコ

「もうこの世界に入って30年経ちました・・二人足してもう100才超えたんですよ、(リンゴに)あなたが80、私が20・・」

ハイヒール/リンゴ

「さっき30年経ったゆうてあんたが20っておかしいやないの!」

大阪のように常時やってるものとは違って、東京は年に2.3回とお笑い好きには貴重な公演。

客はその日を楽しみにしていて、笑う気マンマンで来る。

なので大して面白くない部分があっても、盛り上がりたいという客の雰囲気があるのでやたら笑う。私も笑う。

そこが生の面白いとこで。

(あ、この流れの書き方だとハイヒールが大して面白くない例みたいになってしまったけど、すごく面白かったんですよ)

夏休みバージョン、アンパンマンネタが多かった

銀シャリ橋本の2秒ごとに切り込まれる鋭くて細かいツッコミ、

そしてチョコプラ長田、狂言でアンパンマンを語る・・

「バイキンのマンをアンのパンチで殺してやろう・・そろり、そろり・・」

笑いすぎて死ぬかと思いました・・

ちなみにバタ子さんを「バターのムスメ・・」と言っていた。

見終わって、

家族が私の顔を見てまた大笑い。

どうも化粧がグシャグシャでアイラインが目の下につき面白かったらしい。

電車に乗っても家についても笑ってました。

朝から晩まで両方?楽しんでもらってよかったよかった・・

健康のためにも笑いは必要

前の「NGK」でも書いたけど、笑うと免疫力アップの効果があってすでに実証済み。

次回の東京グランド花月は11月下旬から国際フォーラムでやるらしい。

寒くなって体調も崩しやすい時だから、温泉に行くようにお笑いを見に行ってたくさん笑って、そして免疫力をグッと高めて冬支度をする。

いいと思いますよ!

ROCKETMAN

主演タロン・エガートン

タロン・エガートンが良かった。

顔似てたなぁ・・おでこのあたりとか。

聞いたことのあるあの曲はエルトン・ジョンだったのか・・・

エルトン・ジョンは知ってるけど曲までは詳しくない・・

そんな私でも、この映画は楽しめました。

隣の人、泣いてた・・。

舞台に出る時、ちょっとガニ股で小走りになるとことか、エルトン・ジョンの仕草を知らないのに似てる!って思ったのはなぜなんだろう・・不思議。

立ち居振る舞い、全ての細かい仕草を研究してるんだなーって思って・・

タロン君すごい!歌も上手い!

ミュージカルになってるところも面白い。

この映画を観て思ったのは、

世界的にスターになる人ってバックグラウンドに共通するものを感じました。

エンドロールも面白い

「I’m Still Standing」の白いスーツとステッキ姿のタロン君は「キングスマン」の時のかっこいいスーツ姿を思い出し、ちょっとドキっとしました。

そして最後のエンドロールの写真、あの見せ方も面白かった。

子役とエルトン・ジョンの幼少時が激似!

この映画の製作総指揮はエルトン・ジョン本人

(パンフより抜粋)

ー 描こうとした重要なこと ー

・・名声と引き換えになった途方もない代償、子供時代が自分に与える大きな影響・・

ー どのように苦しみから抜け出したか ー

大切なのは正直であることだと気付いてからは、苦しまなくなった・・

パンフレットにこの映画製作への思いが語られています・・・。

NGK(なんばグランド花月)

桂文枝

先日NGKへ

「昨日から咳が出て、熱も出て・・今日は「病み営業」です・・」

桂小枝の落語の冒頭です。

ウーマンラッシュアワーの村本は、

「みなさーーん、せーの、吉本興業をぶっ壊す!」

7月の参院選で注目された「NHKから国民を守る党」の訴えを吉本問題にしてパロディーにしてました。

しっかり例の件がネタになってます。

ネガティブなことをネタにできるのが芸人の強みです。

つかみに注目

登場した時のつかみ(最初の出だし)、まずどうやって客を引き込むのか・・

その芸を見るのが面白いのです。

桂文枝(もと三枝)のつかみは、

前でお弁当食べているお客を見て、

「そのお弁当美味しい?・・もうすぐ食べ終わるね・・もうちょっと待っとくわ」

と、客の弁当待ちをしてネタを始めようとする・・

ものすごく笑いを取っていた。

人前で話すことが苦手な自分からすると、ベテランの噺家さんと分かっていてもネタを状況に応じて対応できる姿が神のように思えてしまうのです・・

(ちなみに私は突然振られる自己紹介が一番苦手・・)

ネタが終わって退場する時も、セットの壁に頭を打って笑いを取っていた・・70歳を過ぎて体を張ってすごい!

免疫力アップ

(桂文枝のネタ)東京と大阪の違い↓

定食屋で注文したとんかつの中に赤い輪ゴムが入ってた・・

東京→「取り替えてください!」

大阪→「当たりや!」

笑うことは免疫力を高める効果があってすでに実証されてるらしい。

東京のルミネもいいけど、やはりお笑いの聖地?NGKへ温泉湯治にでも行くように年に2〜3回は行きます・・

体調悪い→ゆっくり休む→(少し良くなったら)お笑いを見てたっぷり笑う

こんな図式も侮れないと思いますよ・・・

劇場となりのたこ焼き「わなか」が美味しい

天気の子

気乗りしなかったけど

家族の要望で、先日のアラジンに次いで今度は「天気の子」。

あまり気乗りはしないけど仕方なく・・・。

しかし!

泣いた・・・

一緒に観ている家族よりも、だんだん前のめりになって後半涙ボロボロ・・

泣いてしまった・・・

自分の中学生時代をいろいろ思い出しました。

好きな先輩、友達、あの頃の将来の夢とか・・・

15、16歳頃の多感な時期は、一途な思いに周りが見えてなくて、一直線に突き進む・・

そんな頃を思い出した映画でした。

そして今社会問題にもなっている子どもの貧困についても問題提議されています。

RADWIMPSの曲もすごくいい!

しかし、考えてみれば今も気持ちはあの頃とあまり変わってないかもです。

変わったのは肉体の老化だけ・・涙。

「君の名は」

もうひとつ面白かったのは、同じ新海誠監督作品「君の名は」がさりげなくリンクしてること。

意外な驚きがあって面白いです。

隠れミッキーを探すみたいな楽しみ方もできると思いますよ・・・