チャーリーズ・エンジェル

チャリーズエンジェルの絵は描けなかったー

カッコいい!

面白い!そしてカッコいい!痛快!

最近DVDでフィリピン映画やドイツ映画の重い映画ばかり観た後だったから、こういった頭空っぽになって観れる映画がとても楽しかった。

アメリカの昔からあるドラマで日本でも放送してたのは知ってたけど、映画をちゃんと観たのは初めて。

主役の女優3人がとにかくきれいでカッコいい!

クリステン・スチュワート

ナオミ・スコット(アラジンの)

エラ・バリンスカ

見た目の美しさ、オシャレ、そして強い!

女の武器、美しさとセクシーさで男を油断させて一気に攻め込む。

そこが痛快。笑

ざっくり紹介

クリステン・スチュアート(上の画像左)は1990年生まれ。身長164センチ、ショートヘアがカッコよくて劇中ファッションもカジュアル。豹柄でまとめた上下で登場するシーンがあるんだけどこのスタイルが似合う人ってなかなかいないだろうなぁと思う。

ちなみに今回の映画ですっかりクリステンのファンになり、私のイチ推しエンジェルです。

ナオミ・スコット(画像右)、1993年生まれ。身長167センチ、アラジンの主演で有名。映画ではとにかくキュート。ファッションもかわいい。戦う姿もかわいい。

エラ・バリンスカは(画像中央)1996年生まれ。身長180センチ、初のハリウッド映画らしい。手足はキリンのように長くて・・ん、やっぱりモデル出身。劇中は体にフィットしたスーツがすごく似合っていてとにかくかっこいい。

パンフレットにファッションジャーナリストの日本人が、エラ・バリンスカはスーツが似合う・・あのように着こなせば誰でもカッコいいって書いてあって・・誰でもカッコいい?? 誰でも??あのように?? ムリムリムリ!と激しいツッコミを入れました・・

この私がそれを着たら・・・向こうからあざらしが縦になって歩いてくるようなもので。絶対ムリです!

ギャップがたまらない

冒頭のシーン、クリステン・スチュアートがちょっとエロい誘惑からの隙を見て男を・・・

このシーンがとにかくカッコ良くて。

ギャップがたまらないのです。

女性なのにクリステンに惚れそうになりました。

いや、惚れた。

宝塚ファンの気持ちが少し分かったような気がしました。

ラストも、そういうことだったのか・・っていう何ともいえない痛快さ。

私も入りたい・・

私も、もっと若かったらチャーリーズエンジェルみたいにもっとスリムになってかっこいい女性になりたかった・・

人生、色気より食い気だった私にとって、オシャレにカッコよく、そしてクリステンみたいにいちどでいいから色気で男を惑わせてみたかった・・・

今からやってみる??  何を?笑

一方的にしゃべくりまくる話術で相手を疲弊させ、隙を見て皮下脂肪の厚さで挟み込み衰弱させとどめを刺す。

いらないと言ってるのに無理やり手にアメちゃん握らす押しの強さ・・そして、

SNSにも負けない風評を広げるテクニック・・そして、

人の話を平気でさえぎり、自分の話に無理やり巻き込む強引な話術・・そして、

強力な眼力で値引きを誘導させる魔力・・そして、

まだまだ技はたくさんある・・・

最強ですね!

話がだいぶそれましたが、

悶々とする日々を送ってる方、気分をスッキリしたい方にはぜひオススメの映画です!

(音楽もいい!サントラ買って部屋でノリノリ!)

チャーリーズエンジェルの絵は難しかったー。で、さっさと諦めて今週は映画とは全く関係ない男性の絵を描きました。

パラサイト

絶賛の嵐

面白かった。

ちょっと、テレビでもネットでもどこの誰に聞いても絶賛の嵐なので若干あまのじゃくになってるのか。期待値を上げすぎたのか・・

かなり期待しすぎたんだと思う。

でもやっぱり面白かった。

俳優はみんな良かった。特にお父さん役のソン・ガンホ。

過去にもポン・ジュノ監督作品にけっこう出てるみたいで。

何にげに呟くセリフが笑ってしまう。

展開の面白さもあるけど、どんな手を使ってでも家族みんなで生き抜くというたくましさを感じる映画でした。

今もある防空壕としての半地下物件

北朝鮮との関係で、1970年から法律で新築の低層住宅には防空壕として地下室の設置を義務付けたらしい。

で1980年代からソウルが住宅不足になって半地下を物件として合法化したということがネットニュースに書いてあった。(NEWS JAPANより)

だからソウルには半地下物件がたくさんあってそこで暮らしてる人も実際たくさんいるみたいです。

でもトイレが生活目線の上部にあるのは嫌だなー。

「シュリ」「JSA」

だいぶ昔の韓国映画を見た時から思ってたけど、社会問題を取り上げた作品って韓国は本当に上手いなぁと思う。

ちなみに初めてみた韓国映画は1999年「シュリ」。監督はカン・ジェギュ。

ソン・ガンホも準主役で出てる。

この映画は北朝鮮との話。とても切ないストーリーなのです。

そのあと2001年公開「JSA」。監督はパク・チャヌク。

ここにも北朝鮮人民軍の役でソン・ガンホが出てる。

この人の役がいい役で・・

「JSA」は北朝鮮との共同警備区域での兵士の物語。まさにリアルで説得力あるし、臨場感もある。

これはどっちも素晴らしくて面白かった。

このパラサイトをきっかけに過去の韓国映画もまたいろいろみてみようかなぁと思う。

日本映画がんばれ!

しかし今回、アカデミー賞の主要4部門受賞は素晴らしい快挙!

最優秀主演男優賞はジョーカーのホアキン・フェニックス。

これも嬉しい!納得。

日本映画頑張れ!

ヒット漫画からの映画で実写もいいけどね・・・なんか安易というか。

この前テレビでもやってた「○ん○○○」また言うけど・・・どうなの?あの作品が日本アカデミー賞やブルーリボン賞って。私がおかしいんだろうな。ま、いろんな意見があっていいので。もう言うのやめます・・面白いって思ってる人たくさんいるから。(スミマセン・・)

モデル出身やアイドルの主演もいいけど、もっと役者畑の俳優を使って欲しいなぁと思ったりするのです。

日本映画ほんとにがんばってほしい!

今さらだけど、先日DVDで観た蒼井優主演「フラガール」、これは面白かった!

またいつかブログに書きたいと思います。

ではまた!

CATS

CAT’S

「メモリー」だけでOK

ミュージカル好きを公言しているものとしてはやはり観ないわけにはいきません。

歌とダンス!これだけでもう最高です。

あの有名な「メモリー」を歌ったのはクリザベラ役のジェニファー・ハドソン。

これは素晴らしかった。

この歌だけでもうOKです。

ヴィクトリアがカワイイ

そして捨てられた子猫役ヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)の見事なバレエ。

さすがは英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル。

見た目のキュートさといい、ダンスといい完璧。

もうこれだけで見る価値あります。

見た目・・慣れる!

ただ、ちょっと見た目に違和感があるだけ。

どうも海外でもそのあたりを酷評されたらしいけど。

舞台は全く違和感ないのに、なぜ映画だと違和感を感じるのか・・・

最近はディズニーがライオンキング、美女と野獣の実写版、本物みたいな動物をCGで作り上げ、違和感なく演技して歌って踊ってるものを私たちはあたりまえに観ちゃってる・・。

もしライオンキングの映画で、人間の顔の周りにたてがみ作ってたとしたらやっぱり違和感あるかなと。(大西ライオンがウヨウヨいる感じ)

だけど中盤からだんだん慣れてくる。

そこだけの問題で。(私はね)

しかしね、新しい人生(猫生?)を生きることができるという天上の猫に選ばれたシーンは気球に乗ってどこまで行っちゃうのーー

なんか上手いこと口車に乗せられた感、とんだクリザベラ・・・そんなシーンにも見えた。

(またぶち壊すようなことを言ってしまった)

あの「メモリー」の歌を歌ったジェニファー・ハドソンの、あのなんとも言えない切なさ・・もう一度聞きたい。

素晴らしかったです。

四十七人の刺客(忠臣蔵)

松の廊下

1994年の映画

市川崑監督。

全く時期はずれの記事で。

本当は忠臣蔵の時期、12月に合わせて投稿しようと思っていた記事なのです。

この記事、ちょっと怒り気味で書いてしまいました。

監督も有名な市川崑だし、俳優も大御所揃いだし、力入れてる感が伝わってきてスケールも大きそうだし面白いかもって。

芸術はお金じゃないってことを改めて証明した映画の一つだと私は思います。

やっぱり高倉健は現代劇の人で時代劇の人ではないなぁという感想。

何を根拠に・・・説明できません。

あのボソボソっと話す寡黙な感じが時代劇でも全く同じで・・ま、あれが高倉健なんだけど・・。

そして立ち居振る舞いも現代っぽい。

何を根拠に・・・説明できません。

ニッポンを代表する高倉健に対して言いたい事言ってるのは私くらいじゃないかと・・。

ま、でも一人のおばちゃんがコタツに入って煎餅ボリボリ食べながら、ついでに腹もボリボリ掻きながら言ってることなので許してください・・まだ言います。

松の廊下のシーンがない

忠臣蔵では有名な松の廊下。志村けんのコントでもよくやってた。それがない!

そして様々な作戦のシーンがあまりなく、なんやかんやでもう吉良邸への討ち入りへ向かってしまうという物足りなさ。

討ち入りまでのいろんな作戦過程、赤穂浪士たちが家族を捨ててまで仇討ちに命をかける様々な葛藤、そして覚悟っていうのが伝わってこそ吉良邸への討ち入りに意味があって、この忠臣蔵の醍醐味なんじゃないのかなぁと思うのです。

もう吉良邸へ向かっちゃうの?って感じで。

そして吉良邸へ入ったら敵を惑わすためにやたら迷路だらけ、仕掛けだらけになってて、まるで赤穂浪士がSASUKEに挑戦してるみたいになってる!

そして、あれあれ!と思っているうちに大石内蔵助役の高倉健がヌッと現れてバッサリやって終了。

しかも大石役の高倉健が「今宵、吉良を殺す!」って一瞬ヤクザ映画かと錯覚してしまいそうになった・・

一体なんのための討ち入りなのか、肝心なとこが伝わらない・・

話が変わるけど、先日DVDで観た「飛○○○玉」と同じくらい腹が立つ!

(この映画面白いと思った方ごめんなさい!ちなみに姉は面白いと言っていた・・)

四十七人の刺客wikipedia

赤穂浪士討ち入りに至るまでを、主君への忠義といった要素を排して、大石ら赤穂浪士と吉良家・上杉家との謀略戦として描く。

排してしまってたんだ!やっぱり。

ではタイトルを「四十七士とその他の謀略」とか。笑

原作に描かれている大部分を省略しているなど、批判的な意見もある。

原作は読んでないけど、忠臣蔵の要素は省略してる・・

この映画の良いとこを三つ

1、敵役の色部又四郎を演じた中井貴一。この人の上手さが救われる。

2、かる役の宮沢りえが激やせ前なのでポチャポチャしててかわいい。

3、高倉健の鍛えられた肉体。

でしょうか。

ちなみにその年の日本アカデミー賞最優秀助演男優賞は中井貴一だったようで。

うん、納得!

泉岳寺

品川の泉岳寺には、赤穂浪士四十七士のお墓がある。

眠っているあの方たちはどう思ったんだろう・・

そして真相はどうだったんだろう・・

「いやいや、あんなんじゃないんだよ、あの時本当はね・・・」

んー、聞いてみたい。

※ 4コマ「チュー吉とシシ郎 だるまさんがころんだ」をアップしました。(サイドバーより)