いろはCarta展

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします

早速ですが宣伝で・・

1月14日(火)〜1月24日(金)までギャラリーDAZZLEにて「いろはcarta展」に参加します。

それぞれが担当のひらがなに、言葉を考えて絵を付ける展示です。

多数のイラストレーターさんが参加しているので見応えのある展示になると思います。

私は「す」と「せ」の2点担当。

興味がありましたらぜひギャラリーにお越しください。

ちなみにたくさん言葉を考えて採用しなかった句をお恥ずかしながら公開します。

展示の方は自分の描きたい絵との兼ね合いを考えて言葉を選びました。(ちなみに五七五じゃなくてもOKなのです)

●「す」

「すぎてみて ようやく気付く 恥ずかしさ」

今でもいろんな場面でこういう事よくあって・・時間を戻したい!って思う。(ぺこぱじゃないけど・・考えてもしょうがないのはわかってる)

「すごいよねー 褒め言葉と 勘違い」

この言葉って前から微妙だなーと思っていて・・考えすぎかもしれないけど。笑。ほんとにすごいって思って言ってくれてる時もあるし・・自分も他の人に深く考えないで言っちゃってるし、いずれにしてもいい方に捉えたらOK!

「すし詰めの 電車の中でも いいね待つ」

ぎゅうぎゅうなのにスマホの位置だけは意地でも確保するの何とかしてもらいたいんだけど・・という不満です。スマホをいいねとして表現しました。

●「せ」

「せいいっぱい 飛んで膝割れ 年齢(とし)思う」

書いてある通りで。

少し高い所からジャンプしただけなのに膝がすごい痛くなって泣きたくなった・・。いつまでも10代20代の若い時の感覚で動いたら致命傷になります・・悲しいけど。

「晴天に 穴ぐらこもって いいね待つ」

外は快晴なのに部屋にこもってブツブツ文句ばかり言ってる自分。ネットの世界ばかりに目を奪われて、外の気持ちいい空気、鳥の声、蝶々が飛んでくる様子・・そんなのが全く目に入らないという自分への戒めです。(ネットをいいねとして、部屋を穴ぐらとして表現しました)

「せますぎる この絵描くには せますぎる」

イマイチな文だけど・・・。でもこの通り。A3サイズ以上の絵を描く時は、紙が机からはみ出してアクロバティック的に描いてて・・描いてる様子を見たら絶対笑われる。見せないけど。早く人気作家になってアトリエでも持ちたい!

(これ書いてて思いついた!大きな絵を描くお絵かきエクササイズ!アリじゃない?体を左右に大きく揺らして、好きな色を塗りましょう、みたいな・・無いか・・)

展示の方も語彙力のない私が考えた文なので、当然わかりやすいです。

ご都合が良ければぜひ!

今週の4コマ(No,6)

前回の続きです「チュー吉とシシ郎」②

(いつの間にか名前付けた!)

ちなみに前回分↓↓

今年もありがとうございました

不謹慎ですいません!ではまた!