KINGSMAN

裏切り者? ウィスキー

R15

2015年に公開された映画。

2017年に続編「キングスマン: ゴールデン・サークル」が公開。

ぶっ飛んだアクションシーンがとにかく面白い。

ちょっと残酷なアクションシーンもあったりするから、そこをカットして公開した国もあったみたいです。

それ面白いのかなぁ・・

表は高級テーラー「キングスマン」

裏では世界最強スパイ機関。

スパイのハリー役はコリン・ファース。

新人スパイのエグジー役はタロン・エガートン。

高級テーラーが表の設定なのでスパイ役として出る俳優はみんなスーツ姿。

そのスーツ姿がカッコいい。スーツもオシャレ。

個人的にはコリンファースのアクション&スーツ姿が、クラクラするほどカッコよかった・・

アクションシーンでは傘が、ペンが、ライターが、カバンが・・あらゆる道具が武器になっていて、観ている自分も興奮ワクワクです・・。

特に傘はすごい。

ステッキや木刀のような使用はもちろん、傘を広げれば相手の銃からの盾の役割も果たす。

そして先端からは銃としても利用可。

広げた傘から向こう側も投影されるというマジックミラー仕様。

ちょっと欲しい・・

アクションシーンは見てるだけでストレス解消です・・

スパイの道具、一般社会にも

ちなみにネットで「スパイ道具」と検索したら、普通にアマゾンで売っていた。

スパイはアマゾンで購入するのか??

しかもレビューが多い。使い勝手を共有してる。

だけど何に使うかはほとんどの人が書いていない・・

メガネ型隠しカメラ、コンセント型カメラ、ペン型カメラ・・・主に隠しカメラが多い。もちろん音声も。

買い物人口が多くてちょっと怖くなる・・

MR.PORTER

この映画に出るテーラーは、実際にあるイギリスの高級メーカー「HUNTSMAN」(ハンツマン)の店舗が舞台。

しかし映画の衣装はハンツマンではなく、MR.PORTER。生地はドーメル社。

ハンツマンじゃ高かったのかな??

この映画の衣装担当(アリアンフィリップ)が、生地、縫製・・全てイギリス製にこだわったとか。

日本のビームスと業務提携もしてるみたいです。

HUNTSMAN

私はよく男性スーツの絵を描くのですが、だいたい海外のメーカーを参考にしています。

この映画を見てから、HUNTSMANブランドも絵の参考資料にしています。

色とデザインが豊富でオシャレです。

この映画、コリン・ファースに萌え萌えでした・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です