MIAMI VICE

ドラマから映画に

2006年公開の映画。

もともとアメリカのドラマで、日本でも1986年から2年間、テレビ東京で放送してたらしい。

ぜんぜん知らなかった・・

古本屋で見つけたこの映画のパンフレットがかっこよくて購入。

そこから映画(DVD)を観るという・・こういう流れで映画見たのは初めてです。

ありがちな物語だけど・・

ストーリーは、南米麻薬組織におとり捜査で潜入する刑事二人が主役。(コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス)

激しい銃撃戦、撃たれた人間のグロい表現・・

アメリカ映画にありがちな話だったけど、始まりから引き込まれた・・。

始まりのどんよりとした音楽と物語の流れで、きっとFBIの中に裏組織とつなっがている者が絶対にいるに違いない・・

それは予想もしない人物・・とあれやこれや想像して目を細め、斜めに画面を睨みながら終始観ていたけど・・・

・・・・うん、予想と大いに外れるとこがまた面白い・・考えすぎた!

捜査官が実際に体験した潜入捜査をもとに訓練

悪人のように歩いて話す。自分が警官でないと納得させなければならない。彼らは当然、最初にそれを疑うからだ。

パンフレットより

実際に捜査官から訓練を受け、そしてコリン・ファレルのスキルもテストするために罠も仕掛けたとか。

本物の麻薬取引だと信じ込ませた現場へ・・

そしてコリンは、

目の前に起こる混乱を目にして後ずさりしながら逃げ出した・・

パンフレットより

そりゃ、そうなるでしょう・・

役の勉強のために専門の本を読んだり、本職の人から話を聞いたりして想像力を働かせるんじゃなくて、

役者を騙して、その場の恐怖と緊張感を体験(ドッキリだけど)させるっていう・・・凄いことする!

だからあんなに緊張感があって、心臓がバクバクするような駆け引きのシーンが出来上がったのか、と納得しました。

麻薬組織との取引シーンが面白いです。

裏はとったか・・

この映画でよく聞くセリフ、「裏はとったか・・」。

この言葉が耳に残る。

このブログによく載せる外部の情報はwikipediaが多い・・。

wikiの情報に、

刑事:裏はとったか・・

私:ぜんぜんとってません・・・ごめんなさい!!!

————— bang! —————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です