ラストベガス

メモの魔力

昨年末「メモの魔力」という本を読んで自分のメモ(メモという簡単な日記のようなもの)をもとにブログを書こうと思ったけど、毎日の内容があまりにも所帯じみていてちょっと恥ずかしいのでやめた。

視点を変えた書き方をすればどんな毎日であろうと面白くなると思うけど、今の私にはそんな技術はないので。笑

そのメモの仕方を紹介すると、

その本によるとメモ大きく四つに分ける。

1、サマリー(一言でまとめる)

2、出来事(今日あった出来事、どう思ったか)

3、抽象化(つまりそこからどういうことが言えるのか)

4、転用(それを受けて自分は何をするか)

これをノートに線を引いてたまに書いている。

あとで読み返してみて自分の思考の傾向がわかるのと、別の転用も考えてみようかと思ったりもするので俯瞰して見ることができてなかなかいいと思います。

ラストベガス(2013年公開)

マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クライン

豪華キャスト。

作品も飽きずに楽しめる。

ちょっと話が綺麗にまとまりすぎてどうなんだろうとも思う。

やっぱりデ・ニーロはすごいと思ったのは、生真面目で不器用な役柄もあるけど作中オーラが全くない。存在が小さく感じる。

大スターが演じるとどんな役でも存在感、風格が出てしまい、それがスターだと思っているところがあったけど、デ・ニーロのあり方をみて変わった。

役になりきってその俳優の背景すら感じさせないものこそが名優ではないかと。

個人的に今の邦画をあまり見る気がしないのは(全部じゃないけど)俳優のバラエティ番組出演やSNSでのプライベートが明け透け。だから肝心の役がぜんぜん入ってこないとこ。(それでも観てみると面白かったってことも多いけど)

俳優はある程度見る側に想像力、夢を持たせてもらう余地を残して欲しいと思うのです。

だから日本で海外のドラマ人気は俳優の役がスッと入ってくる・・そういう部分も大きいのではと勝手に思っています。

まさにこの作品のデ・ニーロはロバート・デ・ニーロという大きな存在、風格を感じさせず、亡き妻を想い続ける生真面目で不器用なひとりのおじさんでした。

今週はこの絵を描きました。タイトルは「夏の思い出」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)