先日の展示で出した一枚

桜が満開。

私にとっていちばん季節を感じるもの。

桜の満開を見るたびに今年も健康で桜を見る事ができたと感謝する。

おばあちゃん達が嬉しいとか感謝を感じる時、すぐに両手を合わせてスリスリする気持ちがようやくわかった。そうなるんだね・・・っていやいやまだ早い。

人生も折り返しを過ぎるとだんだんそんな気持ちになってくるんだと自分でも驚く。

当たり前の日常が実は全く当たり前ではないということがわかってくるから、ひとつひとつの出来事に感謝する。

それを気づかせてくれるもののひとつが私にとっては桜。

いろいろ思い出す。

母の後ろ姿、子どもと花びらで遊んだ頃・・

ノスタルジーに浸って少し泣けてくるという不思議な魔力をも持つ桜。

そろそろ花は散って、だんだん緑の葉っぱが出て、また散って、冬はつんつるてんになって寒さに耐えてるだけかと思いきやよく見るとちゃんと蕾が少しづつ大きくなって準備している。

コロナだろうがなんだろうが人間社会に振り回される事なくこのサイクルを淡々と繰り返す。

植物はすごいなぁなんていつも思う。

そういえば少し前、テレビで感染症専門家の北村さんが、緊急事態宣言の解除はまだ早いと。

「人はピンク色を見ると興奮するんですよ、桜を見に行っちゃうんですよ。だから解除はまだ・・・」と真剣に言っていた。

確かに。

桜の魔力に引きつけられる私たち。

今年は桜の下で大騒ぎしている人がいなかったからよけいきれいに見えた。

静かに見ている方がいい。

なんだかんだともう散る頃か・・

これがまたたまらん美しさなんだ。

花が散って緑の葉が顔を出し、自分の気持ちの切り替えも促してくる。

さぁーて!

街路樹の足元で今度はツツジが足踏みして待っている。

これも楽しみ!

ツツジの蕾がたくさん付いている公園の横に唐揚げ屋さんが出来た。

唐揚げでも買って帰ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)